迷った時に役立つランキング|美白化粧品を使ったお手入れ術

複数のボトル

肌サイクルをキープ

手を広げる婦人

元に戻るための期間

紫外線量・強さともに、春先から真夏並みに降り注ぐため、美白化粧品は通年通して使用する必要が挙げられています。日中に浴びる紫外線の影響は、わずか3時間程度であってもプレメラニンが黒化されてしまいやすく、紫外線を浴びた角層は乾燥細胞の量も増えてしまい、自然治癒で戻すには2週間以上もかかるため、シミリスクを下げるためにも、少なからず、2週間程度は継続して美白化粧品によるケアが必要となります。メラニンを含んだ角層をほぐし、美白有効成分を届ける美白化粧品には、ソフニングリリーサーなどの整肌・保護成分が含まれていることも重要で、紫外線を浴びた素肌はゴワつきやすいため、こうした成分は肌をなめらかにする作用が挙げられています。

新発想のシミ予防

美白化粧品を使用し、白い素肌づくりを目指す女性は多く、メラニンを含む古い角層を除去するだけではシミ予防の効果は若干弱く、ポイントとなるのが代謝を高めることにあります。シミ・そばかすには、溜まってしまったメラニン排出は必要不可欠で、美白化粧品に頼る必要があります。さらに毎日の美白ケアに、ほぐす・巡りをプラスさせることにより、白肌を育むスムーズな肌サイクルが作られ、効率よく美白できる魅力が挙げられています。例えば、メラニンを含んだ角層を柔軟にし、美白化粧品の浸透を促すケアをはじめ、マッサージによる巡りケアを行うことによって美白効果が表れやすい血色のよい健やかな肌へ導きます。化粧水でほぐした後、美容液のステップで美白成分を浸透させ、乳液による巡りの流れケアによって白さをさらに高めた美透肌が作れる魅力が話題性を集めています。